研究活動, 三重県内の情報, 未分類

2016年9月4日(日)に皇學館大学 企画部地域連携推進室が主催で開催された『第2回皇學館大学「地(知)の拠点」整備事業公開シンポジウム』に、当センター理事長と共に参加させていただきましたので簡単にご紹介したいと思います。

まず、「地(知)の拠点」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
文部科学省の支援政策で、大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成することを目的としたものです。

シンポジウム当日は志摩市大口市長も来場され挨拶をされました。その中で、「地域の未来を担う学生たちと、今地域で活躍する若手自治体職員たちが集う場」という表現が印象的でした。

今回のシンポジウムには共催として志摩市が、後援として伊勢市・鳥羽市・玉城町・度会町・大紀町・南伊勢町・明和町が名を連ね、会場となった志摩市磯部生涯学習センターも志摩市からご配慮いただいたそうです。

フューチャーセンターでの対話には、市町職員8名、大学生4名、高校生2名、地域おこし協力隊1名の合計15名と、コメンテーターとして皇學館大学の准教授2名がご登壇されました。

「伊勢志摩で共に暮らし続けることのミライを考えあう」という大きなテーマのもと、仕事や海のミライについて、いろいろな考えが出されました。

仕事に「誇り」を求める学生がいました。一人の大学生が防災の視点から話してくれた言葉にハッとしました。「まずは知ることから始める。その地域を好きにならないと地域を守れない。知ることが防災になる。」 果たして、合併により大きくなった自治体の中で、自分はどれくらいの地域を知っているのか。誇りを持って仕事をしているといえるのか。

その日その空間では、土地が持つ魅力、そこに住む人の魅力、文化歴史の魅力、それらを見つめ直したからこそ、漠然としてはいましたが“ミライ”が生まれた場だったように感じました。
地域の学生と行政職員が本音で語り合うことができる機会はそう多くはありません。夢を語り、皆の発言に刺激を受け、そして共感し、これから時間をかけて“ミライ”を育んでいくのだと思います。
大学と複数の自治体間での連携。とても素晴らし場に居合わせた事を嬉しく思います。

kougakkann

今回のシンポジウム、フューチャーセンターでファシリテーターの一人を務めた池山先生は、「フューチャーセンターの社会実装に関する研究」にもご協力いただいています。
三重県版フューチャーセンターの実装に向けては、できるだけ多くの人と対話し、助けを借りながら進めていきたいと思いますので、皆様のご理解ご協力をよろしくお願いします。

(主任研究員 栗田)

三重県内の情報, 未分類

最近「海外のボードゲーム」がコミュニケーションや教育のツールとして話題になっているのをご存知だろうか?
若者就業サポートステーションでは『ボードゲームでコミュニケーション』というメニューがある。
いくつかのコミュニティスペースではボードゲーム会が開催されている。
ヨーロッパでは学校教育にも取り入れられるボードゲーム。実は日本でも注目を集め始めているのだ。
実際にプレイしてみると分かるのだが、ボードゲームはコミュニケーションツールとしてだけでなく、ゲームフィケーション、ストーリーテリングなど、様々な要素が含まれているものが多いことに驚くはずだ。
もはや「ボードゲーム=お遊び」という考えは古いと言わざるをえない。

さて、そんなボードゲームを活用したイベントが開催される。
「2歳から5歳の子どもとその保護者がボードゲームで遊ぶことで、学習したりコミュニケーションを図ったり、さまざまな気づきを得る事ができる」企画だ。

子どもの新たな一面を発見できる機会でもあるので、是非とも参加してほしい。

(主任研究員 栗田)

ひろばdeはじめてのボードゲームWEB用



「ひろばdeはじめてのボードゲーム」

日 時 平成28年9月11日(日)10~14時
場 所 津市まんなか広場(津センターパレス横の広場)
(雨天の場合は、センターパレス地下1階 会議室AB)
参加費 無料
対 象 2~5歳のお子さまと、その保護者様が対象

主催・お問い合わせ 特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター
電話 059-213-7200
URL http://tsunpo.jimdo.com/



研究活動, 三重県内の情報, 未分類

現代社会において、多様なセクター(産官学民)での対話はますます重要になってくると考えられます。
そのため、当センターでは『フューチャーセンターの社会実装に関する研究』を開始しました。
座長の 皇學館大学 助教 池 山 敦 氏 には『地方自治みえ』第290号(2016年8月)にも『新しい時代の「ヨリアイ」』というテーマで寄稿いただいています。

その皇學館大学が『(知)の拠点整備事業 公開シンポジウム』を開催します。
大学生や市町若手職員、地域おこし協力隊など「次世代を担う若者たち」が未来について考えます。
若者たちの声を、ホンネを聴くことができる貴重な機会です。
参加無料、事前申込不要ですので、是非とも多くの人に参加してほしいと思います。

ちなみに、私も市民活動やセミナーには積極的に参加していますが、このように多様なセクターの若者たちが一つのテーブルに付く機会にはなかなか出会えません。
参加される多くの“大人たち”ともお話ができることも楽しみの一つです。
皆様と会場でお会いできればうれしく思います。

(主任研究員 栗田)


-「伊勢志摩で共に暮らし続けることのミライを考えあうシンポジウム」-

次世代を担う若者が自らの将来を描くとき、共有すべき地域の課題とは何なのか?
高校生、大学生、そして伊勢志摩圏域市町の若手職員と地域おこし協力隊が「オトナ」には無い感覚で共に考えあいます。

日 時 平成28年9月4日(日) 13:30~16:30 
場 所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール

※参加無料・事前申込不要。一般の方もぜひご参加下さい。

主 催 皇學館大学 企画部地域連携推進室
共 催 志摩市
後 援 伊勢市・鳥羽市・玉城町・度会町・大紀町・南伊勢町・明和町

coc2016omote0802-423x600
伊勢志摩で共に暮らし続けることのミライを考えあうシンポジウム

【お問合せ先】
皇學館大学 企画部地域連携推進室
電話:0596-22-8635
E-mail:coc@kogakkan-u.ac.jp

三重県内の情報

2016年7月20日(水) みえ市民活動ボランティアセンター(アスト津 )で、第2回アスト・マインドラボ「【広報力up】切り口と表現が「集める力」のカギ」が開催されました。
アスト・マインドラボは三重県職員6名が有志で事務局を担っています。
今年で4年目を迎え、今回の講師は昨年度当センターでも「自治体職員バージョンアップ研修」でお世話になった米山哲司氏(特定非営利活動法人Mブリッジ理事長)です。
行政職員や事業主、学生と様々なセクターから50名以上の申し込みがあり、“広報”に対する意識の高さがうかがえました。
その内容について少しだけお伝えしたいと思います。

20160720アストマインドラボ3

・なぜ広報力が必要か
本来の魅力(100)を 伝える能力(50%)で 伝わる魅力は【50】
本来の魅力 (70)を 伝える能力(90%)で 伝わる魅力は【63】
つまり、広報力が無いと本来の魅力が引き出せていない

・広報とは何か
「誰かに何かを伝え行動を促す」こと

・キャッチコピーをつける
我々は日常生活にあふれる情報を消費できていない。
記憶に残るための広報が必要。
難しいことを難しく表現するのは簡単。
くすっと笑ってもらえるキャッチコピーをつける事で記憶に残りやすい。

20160720アストマインドラボ2
大切なことがうまく伝わらないのはとても残念なことです。
どうすれば伝わるのか、だれに伝えたいのか、何を伝えたいのか。
広報を行う時、まずはたっぷりと時間をとって考えてみてはいかがでしょうか。

(主任研究員 栗田)

三重県内の情報

2016年7月16日 津市役所の自主研究グループ『プロジェクトZ』のメンバーと伊勢市に行ってきました。今回の目的は、外宮参道の歴史や、神宮に祀られる神様について、日本古来の文化について学ぶためです。伊勢の外宮参道発展会 山本会長のご好意で実現することができました。

1 座学
伊勢神宮の成り立ちや内宮・外宮に祀られる神様、遠い昔から絶えることなく続けられている儀式や祭について、また外宮参道の歴史、参拝の作法まで、私たち日本人の信仰・考え方の根源とも言えるような沢山の事を教えていただきました。

外宮参道1

2 フィールドワーク
座学の後、外宮への参拝に出かけました。これまで気にも留めなかった事柄にも、歴史や由来があることを教わりながら周ることができました。神様を想う心とはどういう事なのか、理解することができたように思います。

外宮参道2

3 式年遷宮記念 せんぐう館
最後にせんぐう館を案内していただきました。座学で学んだ事、フィールドワークで観てきたこと、すべてを合わせ展示品を観たとき、理解できることがありました。


伊勢外宮の旅も終わりに近づくと、プロジェクトZのメンバーからは「伊勢市と津市の繋がりについても理解し、両地域の活性化に繋げていきたい」と話す声が聞こえてきました。
今回お忙しい中お時間つくっていただいた山本会長、とても熱い想いを持った方でした。まちづくりで“縁”が広がることが、本当のまちづくりに繋がるんだろうと感じながら、良き出会いに感謝しつつ外宮参道を後にしました。

(主任研究員 栗田)