三重県内の情報

 11月27日(土)桑名市多度アイリスパークグラウンドで開催された三重県都市職員サッカー交流大会に事務局兼選手として参加しました。平成の大合併前には共済事業としてあったものを各市のサッカー部が引きついで継続して開催しています。今年度は開催地の桑名市の他、四日市市、鈴鹿市、亀山市、伊賀市、名張市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、尾鷲市、志摩市が参加しました。各市ともプライドをかけて戦い、どの試合も白熱したものとなりました。健康増進や職員の交流のためにも今後も続けていきたいと思います。また、他のスポーツでも交流の情報がありましたらお寄せください。

 

三重県内の情報

来年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は、伊勢の国も舞台に展開されます。主人公の江(ごう)は浅井長政を父に、織田信長の妹・お市の方を母に生まれ、二代将軍・徳川秀忠の正室になり、三代将軍・家光の生母になった女性です。江は姉妹の茶々、初とともに、現在の津市に9年間暮らしていたといわれています。

三重と所縁がある江を主人公にした大河ドラマの放映を控え、ドラマの時代考証を担当する小和田哲男・静岡大学名誉教授を招いた講演会「戦国伊勢で育った織田家の『三人の姫たち』」が、県内5箇所で今月30日から開かれます。

主催は三重大学地域創生研究センター(センター長・児玉克哉)です。 「どなたでも参加できます。無料です」(主催者)とのことです。

10月30日(土)午後1時開場 鈴鹿文化会館 (問合わせ先 佐久間浩治 事務所 059-383-7270)

10月31日(日)午後12時30分開場 玉城中央公民館 (問合せ先:玉城町産業振興課 0596-58-8204)

11月13日(土)午後12時開場 伊勢市・賓日館 (問合せ先:賓日館 0596-43-2008)

11月14日(日)午後1時開場  鳥羽市民文化会館 (問合せ先:鳥羽市教育委員会 0599-25-1267)

11月20日(土)午後1時開場 多気町民文化会館 (問合せ先:多気町企画調整課 0598-38-1124)

 一般的な問い合わせは、三重大学地域創生研究センター(059-231-5588)まで。

三重県内の情報

 10/21、桑名市広報広聴課様を訪問し、桑名市が活用するツイッターについて、お話を伺いました。

 ツイッターを始めるにあたり、発案者は誰かということに興味があったのですが、水谷市長からのトップダウンだったとのこと。
 イベント情報や行政情報だけでなく、猛暑の時期にはリアルタイムの気温や天候などを、また学生がインターンシップに来ている時期はその方にツイートを任せてみたりと、とてもうまく活用されています。
 桑名市HPからもアクセスできますので、一度ご覧になってください。

 また、庁内案内図で広報広聴課を探していたところ、女性職員の方に「どちらをお探しですか?」とお声掛けいただき、とても気持ちの良い気分になりました。ありがとうございました。

三重県内の情報

 10/14放送のテレビ番組『秘密のケンミンSHOW』でカレーに入れるお肉は牛肉か豚肉かという境界線を調べていました。
 関西が牛肉、関東が豚肉というのが主流のようですが、番組HPによると、

 番組調査の結果、カレーのお肉の境界線は三重県桑名市長島町と判明!
 「木曽三川」と呼ばれる3つの大きな川に挟まれた長島町は、古くから交通の東西を遮断する地域だったという。 そのため、さまざまな東西の文化が交流する場所だったと考えられる。

 とのこと。番組内では、水谷市長が認定証を受け取っていらっしゃいました。
 おにぎりに巻く海苔は、焼き海苔か味海苔かという境界線は亀山市でした。三重県は文化の交流点だったようですね。

三重県内の情報

 伊勢市は、市の会議にかかる人件費を表示する「ミーティングタイマー」を導入することを発表しました。

 これは、鈴木健一市長がTV番組『ガイアの夜明け』をみて製作を指示したもの。開発費が無料という点も注目すべきポイントですね。
 特に就業後に行なう会議などは、長時間になってしまうこともしばしばあります。時間だけ長くても、必ずしもよい案が出るとも限りません。それよりは、限られた時間の中でより濃い意見交換をするための事前準備を怠らないことの方が、有効ではないでしょうか。

 会議の重要性によって、かけるべき時間も適正な人件費額も変わってきますが、コスト管理と効率的な会議の進行を全員が意識することは、とても重要なことだと思います。