活動方針

2020年12月2日

活動方針

(抜粋)

1 基本指針と主要な活動

三重県地方自治研究センターは、地方自治に関する総合的な調査・研究と自治体政策の提起・提言を行うとともに、地方自治体職員の意識向上と、関係機関などとの共催・共同事業を展開し、住民自治の確立と発展のために活動します。

(1)地方自治に関する実践的・理論的な調査・研究を行います

(2)自治体職員の意識向上と自治体政策の積極的な立案・提言を行います

(3)地方自治を専門とする研究者や大学との交流及び共同研究を行います

(4)住民自治や地域主権の確立と発展に向けた活動を行います

(5)その他、地方自治及び地方自治体職員に関する事業を行います

2 主な調査研究課題

(1)  地域ブランド化の取組に関する研究
地域ブランド化の目的・課題を再確認し、全国の事例を考察しながら、地域ブランド化推進のためのモデル事業を行います。三重のお茶のブランド化をテーマとして、データ分析によって、調査・企画・実施・評価することで実証的に研究を進めます。

(2)  地域共生社会の実現に向けた政策研究
地域共生社会とは、制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が『我が事』として、参画し、世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会です。
地域共生社会の実現に向けて、地域における多様な人々や地域活動を支援するために行う地方自治体の地域福祉政策や様々な取組に関して、調査・分類・考察し、普及啓発、情報共有を行うことで研究を進めてまいります。

(3) 自治体SDGsの推進に関する研究
県内におけるSDGsの推進、及び豊かで活力のある未来の創造を目指し、理解促進、普及啓発及び情報共有を行います。

(4) 地域自治組織と自治体の在り方に関しての連携
地域自治組織活動の推進方法、課題と対策、実践事例等を小規模多機能自治推進ネットワーク会議と連携し、情報共有等を図ります。

(5) 自治体財政に関して
健全な地方自治や行政運営のための自治体財政に関する研究を行います。

必要な課題、研究テーマについて、講演会やシンポジウムを実施します。

4 機関紙「地方自治みえ」の発刊

市、町、自治労各単組、団体会員、個人会員等を対象に毎月1回発刊します。

Posted by jichiken_mie