フューチャーセンター研究

2017年9月26日(火)信州フューチャーセンター(長野県上伊那郡辰野町)を視察させて頂きました。
「全国フューチャーセンター実態調査」にご協力いただいた団体の中でも、非常に興味深いケースであり、実際に観ておく必要がありました。
辰野町は人口約19,300人、面積169.20㎢のまちです。そのまちにある新聞販売店がお客さまとの関係性を考え、地域にしっかりと目を向けた時からすべてが始まりました。
それから16年、コミュニティづくりを進め、「自立した地域の出現」を目指し、様々な活動を行っています。そして2016年10月にフューチャーセンターの設立に至っています。

さて、信州フューチャーセンターをインターネットで検索すると、まず壁に描かれた不思議な樹のような絵が目を引きます。これは、地域の人たちが持ち寄った「廃材」で創られています。
実際に施設に入ってみると、予想以上に素敵で、どこを見てもワクワクする空間でした。「非日常の演出」「イノベーションが起こりそうな空間」とはこういうものかと、興味津々であちこち見せていただきました。

新聞販売店の未来を想い、地域に愛されるためにを考え、20年近い時間をかけてこられた活動は、今必要な地域コミュニティを形成し始めています。その拠点として、ただフューチャーセンターがあるのだと教えていただきました。
やはり、必要なのは場所ではなく、空間なのでしょう。その空間で何を目指し、何を行うか。フューチャーセンターの本質の一端に触れることができたように感じます。

仕組みづくりにおいては重要とされていませんが、やはり人柄はみてしまいます。今回ご対応いただいた方は、本当に素敵な方々でした。ありがとうございました。

信州フューチャーセンター

(主任研究員 栗田)

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第303号(2017年9月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月の内容】
『 自治体と市民社会との「政策協働」「政策対話」 』
四日市大学 総合政策学部 教授 松井 真理子 氏

地方自治みえ303

フューチャーセンター研究, 三重県内の情報

2017年9月10日(日) 第3回 皇學館大学 地(知)の拠点整備事業 公開シンポジウム ―「伊勢志摩で共に暮らし続けることのミライを考えあうシンポジウム」― に参加させていただきました。

地(知)の拠点事業とは「三重県伊勢市及び同市を中心市として「伊勢志摩定住自立圏」を形成する2市5町(鳥羽市、志摩市、度会郡玉城町、度会郡度会町、度会郡大紀町、度会郡南伊勢町、多気郡明和町)の自治体と連携し、「地域の定住機能の新たな在り方を自らの課題として捉え行動できるアクティブ・シチズンの育成」のための教育プログラム作りと大学教育の質的転換及び地域課題研究体制の構築に取り組みます。」(皇學館大学ホームページより)

学生たちが地域の現状を観て実際に活動に参加することで、地域の魅力を感じ、誇りを感じています。
自治体とも連携しており、若者の純粋な想いを受け止めているようでした。
学生たちは様々なプロジェクトに自主的に参加することで、地域の実情を観る機会を持ちました。今回のファシリテーターは、その多くを大学生が務めました。
その進行も、プレゼンも素晴らしく、大学で、地域で素敵な学びを得ている事が伺えます。

行政職員も地域を観て、地域と対話することを忘れてはいけません。それが我がまちに誇りを持つことに繋がります。
そんなことを教えられた一日となりました。

(主任研究員 栗田)

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第302号(2017年8月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】

『「こんなはずじゃなかった」を防ぐ 行政とNPOの手のつなぎ方~知っておくべき3つのポイント~』
特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター 理事長 川北 輝 氏


自治体職員の皆様は、どんな所属課に配属になっても「協働」という言葉を耳にすると思います。それだけ協働が求められる時代なのだと思います。
協働とは、組織内で縦割りといわれる壁を越える事も大切ですが、他のセクターとの連携も必要になってきます。
今月の機関紙では、特に市民活動団体との連携を目指す上で、何に気をつけなければならないのか、NPO中間支援組織である「特定非営利活動法人津市NPOサポートセンター」理事長 川北 輝 氏に寄稿いただきました。

地方自治みえ302

フューチャーセンター研究

2017年8月19日(土)「玄甲舎利活用100人委員会」(玉城町)を視察させていただきました。

玉城町の文化財である「玄甲舎(茶室)」の修復にあたり、住民が活用できる施設としてどうあるべきか、ご意見やアイデアを求めるために開催されました。
進行は「フューチャーセンターの社会実装に関する研究」の座長でもある、皇學館大学の池山助教が務め、玉城町の「良いところ」と「それを伸ばすためにどうすればよいか」、「残念なところ」と「それを克服するにはどうすればよいか」について、意見を出し合いました。
100名以上の参加者は、いくつかののグループに分かれ、終始和やかな雰囲気の中で自分の想いを語っているようでした。
今後は「玄甲舎利活用テーマ別委員会」を開催し、意見を掘り下げていくとのことでした。

町民が我がことと捉え、多くの方が集まり、要望や陳情の場としてではなく前向きな対話がなされるには、会場の雰囲気や進め方、事前の準備が大きく影響していると考えています。
研究会でもテーマとして位置づけており、引き続き検証を行っていきたいと思います。

(主任研究員 栗田)