セミナー 講演会 シンポジウム,フューチャーセンター研究

2016年10月14日、15日と「第36回地方自治研究全国集会 宮城自治研」に参加してきました。
二日目、私は「第12分科会 ほんとうの住民協働とは?」に参加しました。
午前中は様々な取り組み事例の報告がありました。
商店街のシャッター通りを何とかしようとする取り組みがありました。
障がい者の雇用を何とかしようとする取り組みがありました。
小規模多機能自治、地域包括ケアシステムを活用した地域づくりを進める紹介もありました。
かなり広範囲の分野において取り組み事例が紹介されました。それ故に、あまり深く議論ができなかったことが残念ではありました。

sendai2

さて、人口減少問題は明らかな情勢であり、分かっていることは「今の行政のシステムでは限界を迎える時期が来る」ということです。
住民協働が求められる時代であるにもかかわらず、自治体も住民も、その変化についていけていないと感じます。
私が本分科会を選択した理由は、助言者として株式会社フューチャーセッションズの名前があったからに他なりません。

本当の協働とは、当事者だけで行うものではない。様々なセクター(異業種)の人間が集まり、対話をする中で新たに生み出されるもの、というのが私の考えです。
これまで、当事者間で議論を重ね、解決できなかった問題が、より複雑、より厳しい社会情勢の中でどうして解決できますか。
多くの課題は新たな対話の場から始める必要があるのです。

株式会社フューチャーセッションズは、まさにその仕組み、フューチャーセッションの力にいち早く気付いた組織の一つです。
フューチャーセッションは「違う視点」を大切にします。「議論」より「対話」を大切にします。未来思考で前向きに課題と向き合います。
聞きなれない言葉かもしれません。しかし、まさに今必要な仕組みなのです。

sendai3

分科会の休憩時間、株式会社フューチャーセッションズのマネージャーさんと少しの間お話しする事が出来たことは、私にとって貴重なものでした。
当センター研究事業「フューチャーセンターの社会実装に関する研究」についての話をさせていただくと、今後の意見交換についても快く応じていただきました。
非常に嬉しく思うと同時に、身が引き締まる思いがしました。
まだまだこれからですが、良い研究にしていきます。
それには皆様のご理解とご協力が必要不可欠です。どうぞよろしくお願いします。

(主任研究員 栗田)

セミナー 講演会 シンポジウム

2016年10月14日、15日と「第36回地方自治研究全国集会 宮城自治研」に参加してきました。
今回は、復興が大きなテーマの一つでした。
東北大学大学院経済学研究科教授 地域計画担当 増田 聡先生による記念講演「宮城の未来、復興へのまちづくり」では、復興現場では地域コミュニティーやNPO法人がどのような活動を行っているか報告がありました。
現在、当センターでも研究会を立ち上げ意見交換を行っている事業に「地域自治組織」があります。
先生からは、小規模多機能自治(地域自治組織)では、災害時、復興時に何ができるのか事前に考えておくことが重要、とご指摘がありました。
災害という異常な状況下においてどれだけ柔軟に対応できるのか、事前の準備にかかっている部分は少なくありません。
自治体職員と地域自治組織の連携が望まれます。

sendai

(主任研究員 栗田・佐々木)

セミナー 講演会 シンポジウム

2016年度労働安全衛生セミナーの開催について(2016.8.19)

開催にあたり、自治労三重県本部 長澤執行委員長より「職員は、もっと働く環境をよくすることに貪欲でもいいのではないか。使命感だけでなく、気持ちよく働くことが、その先にある住民サービスの向上につながる。このセミナーが職場で議論する切っ掛けに繋がればと思う。」とご挨拶がありました。
image1

次に、メンタルヘルス対策モデル単組である大台町の職員から、取り組み報告がありました。メンタルヘルス疾患の原因はコミュニケーション不足にあると考え、全職員を対象にコミュニケーション研修を行い、メンタルヘルス疾患をなくしていったと報告がありました。


◆ 講演 ◆
「知って備える-災害ストレスに負けない方法-」
講師 東北大学病院精神科 佐久間 篤 助教




  • 大きな災害が起こったとき、自治体職員は“被害者”でありながら“支援者”であるという状況に陥る。
  • 発災直後から災害業務に従事し、自分の家族、生活再建は後回しになる。不慣れな災害業務と通常業務に追われ、夜は避難所へ戻る。この状態では休息をとることは物理的・心理的に難しい。
  • 発災から14か月後、自治体職員のストレス調査を行ったところ、かなりの高ストレスが示され、相談窓口などサポート体制を整えることとなった。このノウハウは医師も含め今まで誰も持っていなかったため苦労があった。
  • 普段から職場でストレスチェック、メンタルヘルス対策に取り組んでおくことが、災害という異常な現場でも事前に職員を守ることに繋がる。

(主任研究員 栗田)

セミナー 講演会 シンポジウム

2016年6月9日(木)に三重地方労働文化センターにおいて2016年度三重県地方自治研究センター定期総会を開催しました。

2015年度事業報告・決算報告・会計監査報告を行い確認されました。第1号議案2016年度活動方針(案)、第2号議案2016年度予算(案)について提案を行い承認いただきました。

DSC_0027

セミナー 講演会 シンポジウム

【自治体職員バージョンアップ研修】
◆第10回 定住・自立を促進するための対話を促す新ツール体験会◆
を2月25日(木)に開催しました。

Mブリッジが開発した「定住・自立を促進するための対話を促す新ツール」体験会ということで、ツールを使って、対話を生むプロセスを体験する回となりました。

このツールがなかなかに面白い。
187
ちょっとしたボードゲーム感覚でわくわくします。
191

189
アイデア出し競争ではないので、一人一アイデア(コメント)をつくるだけ。
とっても気楽です。
196
198
「定住・自立を促進するための」というタイトルはありますが、それ以外にも、地域活動の場でも、業務改善会議でも、様々に使える手ごたえがありました。
205
声の大きな人の意見だけに引っ張られない、一人一人がしっかり意見を出せる仕組みが、このツールにあります。

全10回におよぶ研修は、どれもこれも内容が濃いものでした。
研修のラストは、Mブリッジの米山理事長からの「念押し」のコメント。
221
卒業生のみなさん!
一連の研修のキーワードを胸に、お互いがんばりましょう!

参加頂いたみなさま、Mブリッジのみなさま、本当にありがとうございました!

セミナー 講演会 シンポジウム

【自治体職員バージョンアップ研修】
◆第9回 コミュニケーション能力(LEGO活用術)◆
を2月18日(木)に開催しました!

LEGOにはみなさん、お世話になったのではないでしょうか?
デンマーク発の全世界で親しまれている、ブロックのおもちゃです。

それを使って、コミュニケーションについて新たな発見、新たな感覚、再認識を得よう!というのが今回の研修です。
決して遊んでいるわけではないです。
遊びにみえるような楽しいことって、世の中で最高のことだと思います。

IMG_4906
お題を基に、なにやらつくったり。

IMG_4913
「アヒル」でも、作る人によって、ばらばらだったり。

IMG_4914
バンダナの上に集められたレゴブロック。
これだけたくさんあると、豊かな気持ちになりますね(笑)

IMG_4928
「目隠し」ペアワークでは、一人が目隠ししたまま、もう一人がつくったブロックどおりに組上げます。写真は仕込中です。

IMG_4966
「伝言」ペアワークでは、一人がお題のブロックを見てきて、それをもう一人に「言葉」だけで伝えて、お題通りに組上げます。

この研修では、どうしたら相手に考えていることが伝わるか、今までの研修で何度も言及されてきた「相手への思いやり」が、ここでも登場してきました。
広報でも、情報発信力でも、コミュニケーション力でも、「相手」のことを考えることが、根幹になるんですね。

いや~、楽しい研修でした。
婚活イベントに組み込んだり、親子イベントに組み込んだり、いろいろな場面でも使えますね。

こんな濃い研修が
参加無料

こんなに濃い研修が、参加無料です。

参加しなくちゃもったいない!

次回が、最終回です!!

-<最終講座のご案内>-
※連続性がないので、各回ごとの受講が可能です
※申込締切日:1日前 ※各回定員48名
-----
【10回目】2/25(木)13:30~16:30
◆定住・自立を促進するための対話を促す新ツール体験会◆
[内容]
人口減少、少子高齢化が進む時代。地方への定住・自立を促進するには、地域が役割分担をし、連携・協力していくことが必要であり、そのためには多様な主体による対話が不可欠です。
そんなとき、コミュニケーションを促すためのツールがあると、対話を有効に進めることができます。
現在、皇學館大学とMブリッジでは、地方に定住・自立して幸せに暮らしていくための話し合いの場を活性化する新ツールを共同開発しています。
自治会の会合、職員同士の会議、教育の現場などで活用でき、職員はもちろん、地域の人が使うことで、担い手の育成にもつながります。
今回は、プロトタイプ版を体験いただくなかで、皆様の現場での課題などをうかがいながら、さまざまな現場に応じた活用法や効果をお伝えし、解決策を一緒に考えていきます。

=======
【申込方法・研修詳細】
↓↓↓
自治体職員バージョンアップ研修詳細

申込は、E-mail・FAXで受け付けています。

■■E-mailでの申込み方法■■
下記の件名と本文を事務局に送信ください。
<申込アドレス>
info@mie-jichiken.jp

【件名』
「自治体職員バージョンアップ研修 参加申込」

【本文】
1.氏名
2.自治体名
3.所属
4.電話番号
5.受講希望日 第10回2月25日

=======

セミナー 講演会 シンポジウム

【自治体職員バージョンアップ研修】
◆第8回 コミュニティビジネス・CSR(企業の企画力を地域づくりへ)◆
を2月9日(火)に開催しました!

<地域課題を、対価を得つつ解決する>
「ビジネス」の仕組みを持つことで、「地域課題」の解決に向けた「継続的なサービス」を実現するというコミュニティビジネスについて学びました。
◇講師:Mブリッジ 濱田氏

そして、今回はもうひとつ、
<企業の社会的責任>
社会からの要請や期待に企業が応える、CSRについても学びました。
◇講師:Mブリッジ 高山氏

2016-02-09 13.47.37

2016-02-09 13.54.47

2016-02-09 15.24.53

それぞれ、基礎となる考え方、事例について解説頂きました。
また、行政として、いかに後押ししていけるかについても、考える機会になりました。

今回は、教室形式の座学が中心で、賑やかさのある良い写真がありませんが(笑)、相変わらず濃い内容です。
さすが、Mブリッジです。

こんな濃い研修が
参加無料

こんなに濃い研修が、参加無料です。

参加しなくちゃもったいない!

カレンダーに研修日をマークしておきましょう!

-<2月開催講座のご案内>-
※連続性がないので、各回ごとの受講が可能です
※申込締切日:1日前 (9回目のみ締め切りました)
※各回定員48名
-----
【9回目】2/18(木)13:30~16:30
◆コミュニケーション能力(LEGO活用術)◆
[内容]
例えば、初対面の人同士が集まったとき。
突然の自己紹介で空気が固まってしまった…という経験はありませんか?
そんなときレゴや簡単なゲームを取り入れることで、自然とコミュニケーションが生まれ、和やかな雰囲気を生み出すことができます。
特にレゴは、今年から県内の中学校の英語教育で導入されるなど、多様な活用の可能性をひめています。
地域社会のさまざまな場面で、レゴやゲームを活用し、多様な人とよりよい関係性を築くヒントをお伝えします。

【10回目】2/25(木)13:30~16:30
◆定住・自立を促進するための対話を促す新ツール体験会◆
[内容]
人口減少、少子高齢化が進む時代。地方への定住・自立を促進するには、地域が役割分担をし、連携・協力していくことが必要であり、そのためには多様な主体による対話が不可欠です。
そんなとき、コミュニケーションを促すためのツールがあると、対話を有効に進めることができます。
現在、皇學館大学とMブリッジでは、地方に定住・自立して幸せに暮らしていくための話し合いの場を活性化する新ツールを共同開発しています。
自治会の会合、職員同士の会議、教育の現場などで活用でき、職員はもちろん、地域の人が使うことで、担い手の育成にもつながります。
今回は、プロトタイプ版を体験いただくなかで、皆様の現場での課題などをうかがいながら、さまざまな現場に応じた活用法や効果をお伝えし、解決策を一緒に考えていきます。

=======
【申込方法・研修詳細】
↓↓↓
自治体職員バージョンアップ研修詳細

申込は、E-mail・FAXで受け付けています。

■■E-mailでの申込み方法■■
下記の件名と本文を事務局に送信ください。
<申込アドレス>
info@mie-jichiken.jp

【件名』
「自治体職員バージョンアップ研修 参加申込」

【本文】
1.氏名
2.自治体名
3.所属
4.電話番号
5.受講希望日 第 回 月 日

=======

セミナー 講演会 シンポジウム

【自治体職員バージョンアップ研修】
◆第7回 ポストイット活用術(3Mミーティングソリューション)◆
を1月21日(木)に開催しました!

だれもが知っている文具「ポストイット」

まさか、メモや付箋に使っているだけですか?

☆アイデア出し
☆問題解決会議
☆会議の見える化

ポストイットは、全員参加による問題解決(アイデア出し)会議に、とっても有効な文具なのです。
しかも、その会議過程も「見える化」されるため、どのようなプロセスで思考が進んだか、振り返りも簡単!

というわけで、今回は3M社が提唱する「3Mミーティングソリューション」を体験しました。

2016-01-21 15.20.01

2016-01-21 15.20.27

2016-01-21 16.17.15

2016-01-21 15.50.16

2016-01-21 15.50.36

2016-01-21 16.21.51

いつものポストイットだけでなく、「イーゼルパッド」や、マル型シールも使って、グループの中で選んだ課題(ごくごく日常的なテーマ)について、どう解決するか、アイデアを生み出すプロセスを体験しました。

それぞれの解決方法はともかくとして、このプロセスが大事なのです。
アイデアの「発散」→「収束」→「発散」→「収束」のプロセスを、あいまいなものにせず、明確に共有できるしくみを、体験することができました。

これは、職場内での会議にも使えますし、住民との課題解決会議にも活用できます。

「アイデア」が出てこない領域こそ、斬新なアイデアが生み出される余地(ブルーオーシャン)がある。
というわけで、
今回でもアイデア・課題に対する「切り口」がキーワードになりました。

この一連の研修でのキーワードランキングの1位は、「切り口」で決定!!(笑)

それほど、「切り口」というのは、全てにつながる言葉なのです。
切り口と 言われて気づく 大切さ

さあ、こんな楽しく「濃い」研修は、あと3回です!
なんとか仕事の都合をつけて、是非参加してください!

こんな濃い研修が
参加無料

こんなに濃い研修が、参加無料です。

参加しなくちゃもったいない!

カレンダーに研修日をマークしておきましょう!

-<1月~2月開催講座のご案内>-
※連続性がないので、各回ごとの受講が可能です
※申込締切日:1日前(ぎりぎりまでOK!)
※各回定員48名
-----
【8回目】2/9(火)13:30~16:30
◆コミュニティビジネス・CSR(企業の企画力を地域づくりへ)◆
[内容]
地方創生などにより、今 改めてコミュニティビジネス(CB)への関心が高まりつつあります。
課題解決に向け、地域資源を活用し、自ずから実施するCBは「担い手づくり」の効果も期待されます。
また、企業がCBに参入するケースも増えてきました。社会貢献・CSRととらえる場合もあります。
企業に対し地域づくりへの関心を持たせることは、行政の役割でもあります。
その視点からCBやCSRの基礎を再確認します。

【9回目】2/18(木)13:30~16:30
◆コミュニケーション能力(LEGO活用術)◆
[内容]
例えば、初対面の人同士が集まったとき。
突然の自己紹介で空気が固まってしまった…という経験はありませんか?
そんなときレゴや簡単なゲームを取り入れることで、自然とコミュニケーションが生まれ、和やかな雰囲気を生み出すことができます。
特にレゴは、今年から県内の中学校の英語教育で導入されるなど、多様な活用の可能性をひめています。
地域社会のさまざまな場面で、レゴやゲームを活用し、多様な人とよりよい関係性を築くヒントをお伝えします。

【10回目】2/25(木)13:30~16:30
◆定住・自立を促進するための対話を促す新ツール体験会◆
[内容]
人口減少、少子高齢化が進む時代。地方への定住・自立を促進するには、地域が役割分担をし、連携・協力していくことが必要であり、そのためには多様な主体による対話が不可欠です。
そんなとき、コミュニケーションを促すためのツールがあると、対話を有効に進めることができます。
現在、皇學館大学とMブリッジでは、地方に定住・自立して幸せに暮らしていくための話し合いの場を活性化する新ツールを共同開発しています。
自治会の会合、職員同士の会議、教育の現場などで活用でき、職員はもちろん、地域の人が使うことで、担い手の育成にもつながります。
今回は、プロトタイプ版を体験いただくなかで、皆様の現場での課題などをうかがいながら、さまざまな現場に応じた活用法や効果をお伝えし、解決策を一緒に考えていきます。

=======
【申込方法・研修詳細】
↓↓↓
自治体職員バージョンアップ研修詳細

申込は、E-mail・FAXで受け付けています。

■■E-mailでの申込み方法■■
下記の件名と本文を事務局に送信ください。
<申込アドレス>
info@mie-jichiken.jp

【件名』
「自治体職員バージョンアップ研修 参加申込」

【本文】
1.氏名
2.自治体名
3.所属
4.電話番号
5.受講希望日 第 回 月 日

=======

セミナー 講演会 シンポジウム

現在、知的・精神的な障がいを抱えながら、障害者手帳交付の対象とならず、

就職や仕事の継続の面で大きな困難に直面する若者が増えています。

当センターでは、こうした就労困難な若者の雇用を実現するため、

「就労困難者の雇用創出プロジェクト」を立ち上げることになりました。

 

そこで、プロジェクトの発足を記念して、講演会を下記のとおり開催いたします。

どなたでも無料でご参加いただけます。皆様の多数のご参加をお待ちしています。

 

◆日時  2016年2月23日(火)13時30分~

◆場所  (一財)三重地方自治労働文化センター・4階・大会議室

◆講演  「若者が働き、自立できる社会を目指して」

講師 石坂 督規(東京未来大学教授)

 

講演会チラシ

セミナー 講演会 シンポジウム

【自治体職員バージョンアップ研修】
◆第6回 プレスリリース・クラウドファンディング◆
を11月26日(木)に開催しました!

メディア取材を呼び込む「プレスリリース」とは?
正しく情報を伝えつつ、いかにこちらが「見せたい」ところを「見てもらう」ためには、どうすればいいのでしょうか?
情報を取りだし、見せるための「切り口」が、プレスリリースには大事なのです!!
切り口のさがしかたを、講義と共に体験しました!

1138
1143
1145
1142
1149
1148
一連の研修には、鬼コーチはいませんので、みんな気楽に取り組んでいます(笑)
ほかにも、プレスリリースにおいて入れ込むネタ要素や、文字数や、当日取材の付加価値づくり、撮影シーンの提供などのテクニックなど、「今日から使える」研修内容でした!!

クラウドファンディングについては、手法や現状について講義を頂きました。
NPOや市民活動などでの資金調達方法の一つとして学ぶことが出来ました。

こんな濃い研修が
参加無料

こんなに濃い研修が、参加無料です。

参加しなくちゃもったいない!

カレンダーに研修日をマークしておきましょう!

-<1月~2月開催講座のご案内>-
※連続性がないので、各回ごとの受講が可能です
※申込締切日:1日前(ぎりぎりまでOK!)
※各回定員48名
-----
【7回目】1/21(木)13:30~16:30
◆ポストイット活用術(3Mミーティングソリューション)◆
[内容]
近年、会議・ワークショップの場でよく使われている「ポストイット」。
多様な主体が関わる話し合いの場面で、意見の見える化やアイデア創出を短時間で行うために非常に便利なツールです。
しかしながら、本来の使い方を理解し、有効に活用されている場面は多くありません。
この講座では、3Mが提唱するミーティングソリューションに基づきながら、ポストイットの基本的な使い方から代表的な技法まで、日頃の会議の進め方を改善するためのテクニックをお伝えします。

【8回目】2/9(火)13:30~16:30
◆コミュニティビジネス・CSR(企業の企画力を地域づくりへ)◆
[内容]
地方創生などにより、今 改めてコミュニティビジネス(CB)への関心が高まりつつあります。
課題解決に向け、地域資源を活用し、自ずから実施するCBは「担い手づくり」の効果も期待されます。
また、企業がCBに参入するケースも増えてきました。社会貢献・CSRととらえる場合もあります。
企業に対し地域づくりへの関心を持たせることは、行政の役割でもあります。
その視点からCBやCSRの基礎を再確認します。

【9回目】2/18(木)13:30~16:30
◆コミュニケーション能力(LEGO活用術)◆
[内容]
例えば、初対面の人同士が集まったとき。
突然の自己紹介で空気が固まってしまった…という経験はありませんか?
そんなときレゴや簡単なゲームを取り入れることで、自然とコミュニケーションが生まれ、和やかな雰囲気を生み出すことができます。
特にレゴは、今年から県内の中学校の英語教育で導入されるなど、多様な活用の可能性をひめています。
地域社会のさまざまな場面で、レゴやゲームを活用し、多様な人とよりよい関係性を築くヒントをお伝えします。

【10回目】2/25(木)13:30~16:30
◆定住・自立を促進するための対話を促す新ツール体験会◆
[内容]
人口減少、少子高齢化が進む時代。地方への定住・自立を促進するには、地域が役割分担をし、連携・協力していくことが必要であり、そのためには多様な主体による対話が不可欠です。
そんなとき、コミュニケーションを促すためのツールがあると、対話を有効に進めることができます。
現在、皇學館大学とMブリッジでは、地方に定住・自立して幸せに暮らしていくための話し合いの場を活性化する新ツールを共同開発しています。
自治会の会合、職員同士の会議、教育の現場などで活用でき、職員はもちろん、地域の人が使うことで、担い手の育成にもつながります。
今回は、プロトタイプ版を体験いただくなかで、皆様の現場での課題などをうかがいながら、さまざまな現場に応じた活用法や効果をお伝えし、解決策を一緒に考えていきます。

=======
【申込方法・研修詳細】
↓↓↓
自治体職員バージョンアップ研修詳細

申込は、E-mail・FAXで受け付けています。

■■E-mailでの申込み方法■■
下記の件名と本文を事務局に送信ください。
<申込アドレス>
info@mie-jichiken.jp

【件名』
「自治体職員バージョンアップ研修 参加申込」

【本文】
1.氏名
2.自治体名
3.所属
4.電話番号
5.受講希望日 第 回 月 日

=======