「フューチャーセンターの社会実装に関する研究」第2回研究会を開催しました

2017年2月7日(火)「フューチャーセンターの社会実装に関する研究」第2回研究会を開催しました。

国内外の事例や、他の自治体の事例から「双方向の対話のためには場所やルールの設定が必要ではないか」という課題が定義されました。
また、研究員それぞれの組織における、外部(地域住民、お客さま、取引先など)とのコミュニケーション(声を聴く)の方法について、現状と課題の報告がありました。
今後、より良い仕組みづくりを模索するために実証セッションを行う予定です。

(主任研究員 栗田)

【研究員の取り組み紹介】

1.特定非営利活動法人Mブリッジ
『市民参加の企画会議』 

商工会議所とNPOが連携する事業です。これからの地域活動に必要な連携ですが、その事例はあまり多くなく、貴重な取り組みの一つとして紹介します。
■日 時 : 2017年2月28日(火) 18:30~21:30
■場 所 : 松阪市市民活動センター(松阪市日野町788 カリヨンプラザ3階)
■料 金 : 無料
■定 員 : 20名(先着順)
■ファシリテーター:池山敦氏(皇學館大学教育開発センター助教/認定ワークショップデザイナー)
■内 容 :
松阪商工会議所とMブリッジが、わがまちで“地域から愛される仕事”を創るサポートをします。『「市民参加の企画会議」 ~社会課題を解決する新ビジネスの応援団になろう!~』というテーマでワークショップを行います。

 

2.皇學館大学
『H28年度 CLL活動報告会』

地(知)の拠点事業の一つであり、学生が地域に学び、様々な活動を実践しています。今や、学生の力は地域にとって必要不可欠な要素となっています。
■日 時:2017年3月4日(土)9:30~12:00 終了予定
■場 所:皇學館大学 621教室 (6号館2階)
■内 容:
伊勢志摩圏域の3市5町から施設の提供・紹介を受け、学生・教員等が地域の課題解決活動を行うための拠点となる施設をCLL(コミュニティ・ラーニング・ラボ)と名付けました。1年間の活動をまとめて発表します。どなたでもご参加いただけます。

Posted by 管理者