地域ブランド,研究活動

 2020年9月4日(金)、第4回地域ブランド化の取組研究会をWEBにて、三重県地方自治研究センターと各研究会メンバー(津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市)をネットワークを通じて開催しました。

 前回の研究会の後、全国対象に実施した緑茶に関するwebアンケートの結果について、当研究会アドバイザー 三重大学 教育学部 萩原教授の解説の下、メンバーで考えの共有をしました。

 また、データ分析の結果をふまえて、当研究会座長 皇學館大学 教育開発センター 池山准教授のファシリテートにより、三重の緑茶のPRのための施策について、議論しました。

当センターとしましては、withコロナ社会においても、可能な形で研究活動を継続して参ります。

地域共生社会,セミナー 講演会 シンポジウム,研究活動

 現在、人間関係性の貧困や地域活動の衰退により、個人の抱えるリスクや課題は複合化・複雑化しております。さらに少子高齢化社会の到来により、地域には人材不足・財源不足という課題がさらに差し迫りつつあります。「地域共生社会」とは、地域の多様な主体が参画し、地域をともに創っていく社会です。
 このたび、地域共生社会について考えるための機会として、以下のとおりセミナーを開催いたしますのでぜひともご参加ください。

日 時 :2020年9月30日(水) (受付 13:00~:開始13:30~)
場 所 :(一財)三重地方自治労働文化センター 4F 大会議室  三重県津市栄町2丁目361番地
対象者 :三重県地方自治研究センター会員(自治体職員・議員、個人会員など)
参加費 :無料
申 込 :参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
申込期限:2020年9月14日(月)
主 催 :三重県地方自治研究センター
      電話 059-227-3298 / FAX 059-227-3116 / Eメール info@mie-jichiken.jp

内 容
①講演 (13:40~15:10) 
「地域包括ケアの充実に向けて~ヒューマンケアに必要な専門職連携や組織間連携とその考え方~」  
 講師 三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻臨床医学系講座家庭医療学分野 助教 後藤 道子 氏
②映像紹介(15:20~15:45)
「地域共生社会の実現に向けて」 名張市
③座談会 (15:55~16:35)
「市町職員の福祉教育について」 ※市町職員限定

・当日、当講演会用の駐車場はご用意できません。ご了承ください。
・当日はマスク着用の上、参加のほどお願い申し上げます。
・今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開催方法の変更(例:web講演など)や内容の変更をさせていただく場合がございます。その場合、申込いただいた方に方法等について、連絡させていただきます。

※申込書 チラシ のダウンロードはこちらからお願いします↓



機関紙「地方自治みえ」,SDGs

『地方自治みえ』第335号(2020年5月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
伝七ステーション ~映像制作から創る持続可能な社会の実現~
 伝七ステーション メインナビゲーター
 三重テレビ「三重県応援団」 団長
 株式会社伝七ステーション 代表取締役 纐纈 智英 氏

機関紙「地方自治みえ」,SDGs

『地方自治みえ』第334号(2020年4月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
SDGsと持続可能な社会
滋賀県立大学 環境科学部 環境政策・計画学科 准教授 林 宰 司 氏

SDGs

 2020年2月9日(日)、伝七邸にて、当センター主任研究員 林がファシリテーターを務め、「SDGs de 地方創生」ゲーム体験会を開催しました。今回の体験会の開催につきましては、三重大学人文学部教授 朴恵淑氏よりお招きいただき、次世代を担う三重大学の学生を対象として開催されました。
 この「SDGs de 地方創生」は、SDGsの考え方を地域の活性化に活かし、地方創生を実現する方法について参加者全員で対話し、考える体験型の研修ツールとなっています。講義とゲームを通じて「なぜSDGsが必要なのか」「どんな変化や可能性があるのか」について、会場の皆様と「気づき」を共有しました。


 ゲーム後のふりかえりでは、参加者の方から「”私たちの住むまちに対しての施策・行動の決定”という普段は経験したことがない体験が新鮮でおもしろかった」「もっと早めに積極的なコミュニケーションやリーダーシップを図っていればよかった」「じっくり考えず行動してしまった。もっと目的意識をもって行動すればよかった」「普段行動していることがSDGsなんだ」と様々な意見がありました。SDGs自体は世界規模で掲げる目標でありますが、私たち一人一人の意識の変容と行動が重要な要素でもあります。今回のゲームを通じて、様々な課題について、参加者の方は自分自身の身に置き換えて体感いただいたようでした。