機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第310号(2018年4月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
『2018年度 政府予算と地方財政の展望』
 公益財団法人 地方自治総合研究所 研究員 飛田 博史 氏

『新任研究員就任のご挨拶』

地方自治みえ310

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第309号(2018年3月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
『「自治研活動」の意義 -退任に寄せて』
 三重県地方自治研究センター 主任研究員 栗田 英俊

地方自治みえ309

2年間、皆様には大変お世話になりました。
本当に多くの人と出会い、学び、刺激を頂きました。どれも貴重な経験でした。
私の「自治研活動」は、今月をもって一先ず終了します。これからも自治体と三重県地方自治研究センターが、より良き三重県をめざすための良きパートナーであり続けることを願っています。
私も地方自治研究センターで培った経験を公務に活かしていければと思っています。
最後になりますが、すべての皆さまに感謝し、退任の挨拶とさせていただきます。
本当にありがとうございました。

主任研究員 栗田 英俊

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第308号(2018年2月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
新しい時代の「ヨリアイ」その2
玉城町における歴史的建築物の利活用計画策定に関する住民参加プロセスについて
皇學館大学 助教 池山 敦 氏

 

玉城町における「玄甲舎利活用100人委員会」をモデルに、市民参加について報告しております。
実際の自治体取り組み事例をもとに分析や考察がされており、参考になると思います。
是非ご一読ください。
2016地方自治みえ9月号もあわせてお読みいただくと、より理解が深まると思います。

地方自治みえ308

 

 

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第307号(2018年1月)を発行しました。
 会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
「大統領(首長)制下の議会のありかた
           2018年を地方議会改革元年に」
名城大学 都市情報学部 教授 昇 秀樹 氏

地方自治みえ307

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第305号(2017年11月)を発行しました。
 会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
「あなたの職場の瑛子(A子)さん メンタル不調の未然防止について」
一般社団法人日本産業カウンセラー協会
シニア産業カウンセラー キャリア・コンサルタント 中川 真理子 氏

日頃、産業カウンセラーとして支援を行い、現場での感覚からメンタル不調について寄稿いただいています。
相談者 瑛子さんを例に、現場での感じ方、接し方など分かり易く伝えています。
ぜひご一読ください。

地方自治みえ305

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第304号(2017年10月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月の内容】
『地方創生を実現する新しい行政組織の役割と行動 ~地域と一体で戦略を推進するために~』
株式会社スコラ・コンサルト 行政経営デザイナー 元吉 由紀子 氏

地方自治みえ304

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第303号(2017年9月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月の内容】
『 自治体と市民社会との「政策協働」「政策対話」 』
四日市大学 総合政策学部 教授 松井 真理子 氏

地方自治みえ303

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第302号(2017年8月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】

『「こんなはずじゃなかった」を防ぐ 行政とNPOの手のつなぎ方~知っておくべき3つのポイント~』
特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター 理事長 川北 輝 氏


自治体職員の皆様は、どんな所属課に配属になっても「協働」という言葉を耳にすると思います。それだけ協働が求められる時代なのだと思います。
協働とは、組織内で縦割りといわれる壁を越える事も大切ですが、他のセクターとの連携も必要になってきます。
今月の機関紙では、特に市民活動団体との連携を目指す上で、何に気をつけなければならないのか、NPO中間支援組織である「特定非営利活動法人津市NPOサポートセンター」理事長 川北 輝 氏に寄稿いただきました。

地方自治みえ302

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第301号(2017年7月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
『なぜ三重大学は地域拠点サテライトを設置したのか?』
三重大学 理事・副学長(研究・社会連携担当)
三重県地方自治研究センター 副理事長  鶴岡 信治 氏

『議会は自治の問題』
三重県地方自治研究センター 上席研究員 高沖 秀宣

地方自治みえ301

機関紙「地方自治みえ」

『地方自治みえ』第300号(2017年6月)を発行しました。
会員の皆さまには発送しています。

【今月号の内容】
『就労困難者の雇用創出プロジェクト 実証事業報告(後編)「就活応援カフェ開催記念式典」を終えて』
5月号に引き続き、トークセッション、『就活応援カフェ』での様子を報告します。

『自治研センター定期総会』 開催

『定期総会記念講演会』 開催
「松浦武四郎より有名になりたい私」
講師 万協製薬株式会社 代表取締役社長 松浦 信男 氏

地方自治みえ300