2018定期総会記念講演会の開催について

2018年6月5日(火)に、2018定期総会記念講演会を開催いたします。

講師には、中日新聞東京本社記者の望月衣塑子氏をお招きし、「民主主義とは何か ~何故、記者として追及を続けるのか~」と題しお話をいただきます。

1 日 時 2018年 6月 5日(火) 午後2時30分から

2 ところ (一財)三重地方自治労働文化センター 4階 大会議室(〒514-0004 三重県津市栄町2丁目361番地)

3 講 師 中日新聞東京本社記者 望月 衣塑子 氏

4 参加費 無料

参加ご希望の方は事前申込をお願いします。

①氏名 ②電話番号 ③人数を、e-mail (info@mie-jichiken.jp)、FAX(059-227-3116)、電話(059-227-3298)などで、5月28日(月)までに当センターへお申込みください。

なお、会場に駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

◇望月衣塑子氏 プロフィール
1975年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞に入社。社会部記者として、武器輸出、軍学共同を主に取材。2017年4月以降は、森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている。2017年に平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。
著書に『武器輸出と日本企業』(角川新書)、『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(あけび書房、共著)、『新聞記者』(角川新書)がある。