その他,各種報告書

三重県地方自治研究センターでは、2015年5月に、自治体議会議員(現職・経験者)、

首長経験者、行政経験者、学識経験者及び市民で構成される「市町議会の在り方に関する

研究会」を設置し、1年間、自治体議会の現状と課題を捉えて、自治体議会の明日に向かって、

その議会の在り方を議論してきました。

 

今回、その議論の結果を取りまとめ、【報告・提言】として、2016年4月に公表しました。

これは、今後の自治体議会改革の一つの方向性を示したものですが、全国の自治体議会に

おいて活用され、実践されることを期待しています。

 

※下記よりPDF版をダウンロードできます。

市町議会の在り方に関する研究会【報告・提言】

 

 

セミナー 講演会 シンポジウム,その他

2015年5月18日に、三重県地方自治労働文化センターにおいて、

議会改革の研究活動として、立命館大学の駒林良則教授をお招きし、

「これからの自治体議会の在り方について」と題した講演会を開催しました。

IMG_2422

講演後は、今回が第1回となる「市町議会の在り方に関する研究会」を開催し、

研究すべき課題について、意見交換しました。

IMG_2424

今後も定期的に研究会を開催していきます。

その他

3月10日(月)合併後の行政推進機構研究会の一環で愛知県豊田市へ行政視察に行ってきました。

豊田市では、自立した地域社会の実現を目的に「まちづくり基本条例」を制定し、住民と共働によるまちづくりを進めています。
その中でも特徴ある施策として「地域予算提案事業」や「わくわく事業」があり、これらを運用する仕組みである「地域自治システム」の具体的な内容についてお聞きしました。

P1030078
豊田市役所にて

 

P1030085
高橋支所を訪問

その他

第4回研究会

1月20日(月)第4回合併後の行政推進機構研究会を開催しました。

愛知県・岐阜県の合併自治体を対象に「総合支所のあり方に関するアンケート調査」を実施しました。今回は、そのアンケート結果を基に県内自治体の事例と比較しながら出先機関のあり方について議論を行いました。

今後は、アンケート結果の中から特徴的な回答があった自治体を中心に調査を進める予定です。

その他

研究会

10月7日(月)第2回合併後の行政推進機構研究会を開催しました。

研究会メンバーの出身自治体(津市、松阪市、亀山市、桑名市、伊賀市、熊野市、伊勢市)の職員数や組織機構について合併前から現在までのデータを基にディスカッションを行いました。

今後の研究会としては、総合支所など出先機関の担うべき役割について議論を進めていきます。

その他

8月2日(金)第1回合併後の行政推進機構研究会を開催しました。

本研究会は、四日市大学総合政策学部 小林慶太郎教授を座長に迎え、合併後の行政推進機構の機能及び自治体の地域政策に関する検証を行います。
今後は、研究会メンバーの出身自治体(津市、松阪市、亀山市、桑名市、伊賀市、熊野市、伊勢市)を中心に職員の配置数や組織機構の変化などの情報収集を行い、先進自治体との比較をしながら分析を進めていきます。

 

研究会

その他

5月20日、21日「公契約条例及び公共サービス基本条例を求める三重県連絡会議」のメンバーで神奈川県相模原市役所、川崎市役所へ行ってきました。

平成22年12月、川崎市では契約条例の一部改正が行われました。※翌年4月施行(政令市で初、全国で2番目)
また相模原市では、平成23年12月に公契約条例が制定されました。※翌年4月施行

公契約条例を制定している自治体はまだまだ少なく、施行後 年数がそれほど経っていないのが現状です。
今のところ、いずれの自治体も特に大きなトラブルはないとのことでしたが、条例内容(受注者の義務や労働者の権利等)の周知について、チラシ等を作成して現場に掲示するなど力をいれていくとのことでした。

相模原市役所にて
相模原市役所にて
川崎市役所にて
川崎市役所にて

その他

2012年12月20日(木)第7回災害復興支援活動研究会を開催しました。

 

今回は「美し国おこし・三重さきもり塾」の取り組みについて三重大学工学研究科の平林典久助教からご説明を聞きました。

 

後半は、同じく三重大学 美し国おこし・三重さきもり塾 産学連携コーディネーターの亀山裕美子さんより災害時におけるNPOの支援活動についてご説明を受け、ボランティア支援について理解を深めました。


 

その他

11月4日(日)~5(月)郡上市白鳥町にある石徹白地区に行ってきました。

石徹白は岐阜県と福井県の県境に位置し、一晩に1.5mの雪が降ることもある豪雪地帯です。

人口は276人、世帯数110戸で65歳以上が約50%を占める高齢化の進む最奥の集落です。古くは白山信仰とともに歩んだ歴史と文化を持ち、きれいな水と空気に恵まれた豊かな風土を活かし、地域づくりに取り組んでいます。

 

今回は、石徹白地区地域づくり協議会の事務局である平野彰秀さんに地域の説明をしていただきました。平野さんは、もともと岐阜県岐阜市の出身。東京の大学でまちづくりを研究した後、岐阜へUターン。

その後「自然とともに暮らすことのできるまちづくり」を目指し、2011年秋に石徹白へ移住。この村では平野さんの活動をきっかけに少しずつではありますが、移住者が増えていると言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年の地域づくりの活動のひとつとして農業用水を利用した小水力発電があります。

石徹白の小水力発電施設の特徴は、行政や企業ではなく地元とNPOが主体となって取り組んでいるところです。

現在は2箇所で稼働しており、1箇所は直径3,000㎜の上掛け水車で地域のシンボルとしてだけではなく、石徹白の特産品の開発や製造を行う農産物加工場へ電力を供給しています。

 

 

もう1箇所は、螺旋型水車で2009年6月に運転を開始し、2年間大きなトラブルもなく、24時間365日稼働しています。発電した電気は隣接したNPOの事務所へ供給されています。

 

 

この日は、2年に1度の「石徹白ふれあい文化祭」が開催されており会場は大いに盛り上がっていました。

同時に「子育て移住応援!田舎に泊まろう」という企画で移住体験に来ている家族も多数参加していて人の温もりを感じられるイベントでした。

その他

2012年8月23日(木)第3回災害復興支援活動研究会を開催しました。

研究会第3回目は「ボランティアコーディネート・社協の役割」ということで、災害時における社会福祉協議会の活動について議論しました。

今回は「三重県社会福祉協議会 山﨑 和彦様」「松阪市社会福祉協議会 青木 大輔様」「紀宝町社会福祉協議会 堀切貴子様」の三名をゲストとしてお招きしディスカッションを行いました。