研究活動,各種報告書

国や地方自治体が発注する公共事業や契約において、低価格での入札等が行われてきた結果、そこで働く労働者の賃金低下を招き、「官製ワーキングプア」と呼ばれる状況を作り出したといわれています。これに対し、品質確保や公正な労働を守るため、入札改革や条例制定を進める動きが広がり始めました。千葉県野田市で、初の公契約条例が制定され、全国の注目を集めています。

こうした状況を受け当センターでは、2009年度公契約条例研究会(座長 小林慶太郎:四日市大学准教授)を立ちあげ、講演会ならびに研究会を開催してきました。このたび研究会の議論をまとめ『公契約条例研究会 研究報告書』を刊行しました。

各種報告書

  • 男女共同参画トップセミナー講演録 男女共同参画とワーク・ライフ・バランスについての理解を深める
  • 「よりよい公共サービスの提供と公務労働」研究報告書

各種報告書

  • 「新しい公共サービスの創造と市民社会」セミナー研究報告書
  • 三重県財政分析 平成2年度から17年間の動向

各種報告書