ホーム > 各種報告書 | 研究活動 > 公契約条例研究会 研究報告書刊行

公契約条例研究会 研究報告書刊行

国や地方自治体が発注する公共事業や契約において、低価格での入札等が行われてきた結果、そこで働く労働者の賃金低下を招き、「官製ワーキングプア」と呼ばれる状況を作り出したといわれています。これに対し、品質確保や公正な労働を守るため、入札改革や条例制定を進める動きが広がり始めました。千葉県野田市で、初の公契約条例が制定され、全国の注目を集めています。

こうした状況を受け当センターでは、2009年度公契約条例研究会(座長 小林慶太郎:四日市大学准教授)を立ちあげ、講演会ならびに研究会を開催してきました。このたび研究会の議論をまとめ『公契約条例研究会 研究報告書』を刊行しました。

内容は以下のとおりです。

1 公契約条例研究会 案内

2 研究会参加者名簿

3 公契約条例研究会総括

「研究会を終えて」三重県地方自治研究センター主任研究員 森川 和敏

4 講演録

2009.10.14講演会「自治体における公契約」福井県立大学看護福祉学部教授 吉村 臨兵氏

5 研究会内容報告 ワークショップ「公契約のあり方」

第1回研究会 自治体の現在の入札・契約体制の課題をめぐる議論

第2回研究会 総合評価方式・公約条例導入自治体にみるメリット・デメリット

第3回研究会 「建設労働者をとりまく雇用の実態」(猿木清司:三重県建設労働組合)

第4回研究会 公契約条例を導入した千葉県野田市への視察報告を受けた討論

6 研究報告会

シンポジウム形式で2010.3.18に開催した研究報告会のまとめ

*会員の皆さまには発送しました。

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://mie-jichiken.jp/wp/2010/06/24/2010%e5%b9%b4%e5%ba%a6/trackback/
トラックバックの送信元リスト
公契約条例研究会 研究報告書刊行 - 三重県地方自治研究センター より

ホーム > 各種報告書 | 研究活動 > 公契約条例研究会 研究報告書刊行

ページリスト
アーカイブ
バナー
Counter
トータル
今日
昨日
メタ情報

ページの上部に戻る